• 家族葬を行う場合の周囲への配慮

    家族葬は、参列者を身内に限定してゆっくりと故人とお別れしたい、会場や返礼品にかかる費用を抑えたいといった現代人のニーズにマッチした、コンパクトでシンプルな葬儀の形式で、都市部を中心に広がりを見せています。

    親戚やご近所とのつきあいが希薄になっていることや、生活スタイル、価値観、宗教への考え方などが変化している現代では、これからこの形の葬儀が一般的になっていくのではないでしょうか。

    しかし、家族葬を行う遺族が増えている一方、一般にはまだまだ浸透していない新しい形式であることから、各方面に配慮しておかなければ思わぬトラブルになりかねませんし、参列する方、参列をお断りする方両方に、自分たちがどのような葬儀を行いたいと思っているのかを明確に伝える必要があります。

    それには案内状の書き方を工夫することや、故人が亡くなったことを知らせるタイミングや方法などを考えることが重要です。

    家族葬に慣れていない方も戸惑うことがないように、きちんとガイダンスをしてあげましょう。



    社交辞令的な弔問を拒否するためには、葬儀が終わるまでは亡くなったことを知らせないのが基本ですが、町内の方や仕事先の方にはそういうわけにもいきません。



    町内の方には、自治体の会長などに報告して、近親者のみの式にすることも合わせて、回覧板などで伝えてもらいます。
    仕事先の方には、葬儀の日時は明記せず、弔問や香典などは遠慮することを明確に書いた案内状を送りましょう。

    livedoorニュースについて解説いたします。