• 家族葬をおこなうメリット

    家族葬は、インターネットが普及すると、せきを切ったように増え、今や従来型の葬儀と件数がそう大きく変わらないほどにまでなっています。

    毎日新聞情報に対応した情報サイトです。

    わずかの間に急激に増えたということは、家族葬をおこないたいと願っていた人がおおぜいいたということでしょう。


    インターネットが普及する前は、著名人が家族葬をおこなったという報道で、そうした形態があるということを知る程度にとどまり、それをどうおこなうかはまったくわからなかったため、一般の人々がおこなうには敷居が高い面がありました。
    横並び意識もあり、情報がつかめない中で、流れに沿わない選択というのは、まずできませんでした。今でもインターネットを使わない人々は、病院にいた葬儀社に促されるまま、大規模な葬儀をするしかない状況にある場合があります。ただ、そうした流れで葬儀をおこなうと、後で不透明な費用などに疑問を持つことにもなりかねません。


    喪主に身近な人が、いち早くアドバイスしてあげることが望まれます。



    人々にとって良いあり方であったら、インターネットが普及して情報が行き渡ったあとも、引き続き利用され続けるでしょう。


    しかし、人々が情報を得られるようになるや、家族葬が劇的に増えたということは、メリットの大きい形態であるからだと言えます。
    若くして急死した場合は別ですが、長く病床にあったり、天寿をまっとうしたような場合は、家族水入らずで最後の時を過ごすほうがいいと考える場合が多いようです。